PRS Private Stock とは

至高の一本に込められる最高の技術と材

80年代後半にPRS社のトップビルダーで組織された「PRS Custom Shop」。
PRS Custom Shopは 《Signature》や《Artist Series》、《Dragon Series》や《Rosewood Limited》等、
数々の名器を輩出しました。
そのPRS Custom Shopを発展させた形で1996年に発足したのが「PRS Private Stock Team」です。

Private Stock総責任者であり、Finish Masterの異名をとる Paul Miles氏を筆頭に、
熟練のビルダーが腕を振るうPrivate Stockは、レギュラーラインとは全く別のラインで一本一本丁寧に製作が進められます。

顧客のオーダーに応える形で製作されるPrivate Stockは、まさに至高の一本と言えるでしょう。

PRS Private Stock のオーダーとは

顧客のオーダーに応えるために

Private Stockのオーダー内容は細部まで多岐に渡るため、綿密な打ち合わせが欠かせません。
さまざまな要素が絡み合うオーダーは、単に顧客の要望をすべて盛り込めば良い物ができるか、といえばそうではありません。
顧客の要望を織り込みつつ、音質、プレイアビリティ、美観の全てを満たし、顧客の満足がいく一本を創出するべく、
ディーラーとKORG-KID、Private Stock Teamは、何度も打ち合わせを重ねます。
そうしてさまざまな人々が技術と時間、知識や手間と情熱を傾けて生まれるギターが、お届けするPrivate Stockです。

どういったギターが生み出されるかは、このオーダー時に決まってしまいます。
これまでの豊富な製作実績と、信頼関係が活かされる瞬間です。

PRS Private Stock Wood

世界中から集められるトップグレードの希少材たち

PRS社が長年培ってきたものは、素晴らしいギターを製作する技術だけではありません。
木材ディーラーと良好な関係を築き上げることで、優先的に供給してもらえるよう努めています。
また優秀な専属スタッフが世界各地を駆け巡り、日々良材を求めています。

Private Stockに使用される材はPRS社が入手する材の中でもほんの一握りの特級グレードの材であり、
その希少性は筆舌に尽くし難いものです。
各サイズにカットされ、グレード分けされた材はじっくりと時間をかけ乾燥を行った後に棚に保管され、
使用される時を静かに待っています。

トップ材 / バック材

トップ材ストックバック材ストック

Private Stockに使用される材は杢目とトーンの両立ができていなければなりません。
そのため非常に厳しくチェックがなされ、少しでも条件に満たないものは取り除かれます。
トップ材にはメイプルの他、コア、ブビンガ、レッドウッド等のエキゾチックウッドも用意されています。
ボディ材にはマホガニーの他、アルダー、アッシュ、コリーナ等の各種木材が用意されています。

ネック材 / 指板材

ネック材指板材

PRS社が保有する膨大な木材のうち、Private Stock用のネック材は特に厳選されたトーンウッドのみを取り揃えております。
PRS氏がセミナー等で材を叩いて(タッピングと言います)いるのをご覧になった方も多いと思います。
ギターの音質の大部分を担うネックに必要な、硬質で「カンカン」と乾いた明るく響く材が用意されています。
マホガニー、メイプルをはじめとして、コリーナ、ローズウッドといったPRSではおなじみの材から希少なエキゾチックウッドまで、豊富な種類からセレクトできます。

インレイ材

ネック材 指板材

美しいインレイワークもPrivate Stockならでは。
PRS社が保有するハイグレードで色とりどりのシェル(貝)や鉱石、貴石、GoldやSilverからお選びいただけます。
また、インレイの外周をシェルやGold、Silverで囲む《Outline》や、ボディやネックの外周を囲む《Purfling》加工を施すことも可能です。
あなただけのオリジナルのインレイも製作可能です。

© Bottom's Up Guitars. all rights reserved.